当たり前ではないんだという思い知らされる妊娠

ちょい成婚なんて考えもしない昔、結婚したら子供ができて身内3~4人で生活することは当たり前のことだと思っていました。
「結婚したら子供ができる」これが当たり前だと。

当然「不妊・不育」なんてワードを知りませんでした。誰でも「簡単に」なんてワードによっていいのかはわからないけど懐妊できると思っていたんです。周りに娘が出来なくて耐えるおとながいなかったというのもあるのかもしれませんが。

も、いよいよ自分が結婚してみて「これから娘も」って思った事例、実に懐妊取り止める。あれ?なんで?って不思議に思ってしまいました。いつでも懐妊できると思っていたから・・

懐妊行える拍子は1ケ月の内数日しかない。そのタイミングによってみてもとにかく妊娠するは限らない。懐妊できたからと言ってとにかく分娩まで何事もなく懐妊継続できる訳ではない。病舎をめぐってみてやっと聞かされることばかりでした。そうして到底自分がその境遇に立たされるは。

病舎をめぐってみて「不妊・不育」で悩んでる人間がたくさんいることも思い知らされました。こんなにたくさんの人が診察を控えるなんて。こういう境遇に立たなければ知らないことを満載知らされた意思がしました。

「妊娠する場所」って心から当たり前ではなく「不思議」なんだと知らされます。できるならユーグレナで安いものを選びたい。